スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年は豪ドルスワップ派は苦戦すると予想します

【スワップ運用歴10年に基づく運用方針(自戒)】
・お宝ポジは狙わない(過去記事あり)
・無計画にポジらない(過去記事あり)
--------------------------------------------------------------------------------

ご訪問、ありがとうございます。
また、いつも応援ありがとうございます。

【保有ポジションの変更】
<円売り口座>
変更なし

<ユーロ売り口座>
変更なし

<その他口座>
変更なし

【投資方針】
<円売り口座>
中長期で円安・ドル高がまだまだ進むという予測は変わりありません。
ヘッジポジは薄め、浅め、スワップポジは完全順張りで追加ポジションを増やしていく方針です。
追加のスワップポジですが、2015年は中国元(CNH/JPY)の比率を上げていくかもしれません。

本日も評価残高は前日比で少し下がりました。

<ユーロ売り口座>
2015年も方針は変わりません。
この口座はユーロのQE発動まで「粘る」の一手です。
実際にQEが発動となれば、ユーロ絡みの通貨ペアは別のステージに移行するとみます。

<その他スワップ用口座>
また、FXトレードファイナンシャルとDMM FXでEUR/NZD両建てを再開します。

【1日12,000円のスワップを得るための追加ポジションターゲット】(12月26日)
※下記のターゲットに到達する頃は一万通貨スワップの額が増えていることを想定して計算。
 (過去記事あり)


<円売り口座> 目標1日5,000円 (あと2,600円)
TRY/JPY買:残り 4万通貨 (52.5円 1万通貨 /54円 1万通貨/56.5円 1万通貨/59円 1万通貨)
ZAR/JPY買: 残り 30万通貨 (10.85円 20万通貨 / 11.3円 10万通貨)
CNH/JPY買: 残り50万通貨 (19.5円 20万通貨/ 19.85円 20万通貨/ 20.0円 10万通貨)

<ユーロ売り口座> 目標1日4,000円 (あと1,350円)
EUR/TRY売: 残り 1万通貨 (2.73 1万通貨)
EUR/ZAR売: 残り 1万通貨 (13.5 1万通貨)
EUR/CNH売: 残り 4万通貨 (7.53 2万通貨 / 7.2 1万通貨/ 6.99 1万通貨)

<その他口座> 目標1日3,000円 (あと3,000円)
異業者両建てやペッグ通貨等、為替変動リスクの極めて低い投資で達成させる予定。
最も安全ですが、最も時間も資金も必要となります。

※ただし、長期上昇相場中の大きめの調整、小暴落と判断した場合は
絶好の追加ポジ取得タイミングなので柔軟に対応します。


【記事】
追加ポジションターゲットの部分を更新しました。
中国元の比率をやや上げ、追加ポジションを取得するタイミングを前倒ししました。
2015年以降の円売り、ユーロ売り、ドル買い、中国元買い予想をやや強めたからです。

本日の記事はタイトルどおりです。
私はスワップ派にしては珍しく?豪ドルを保有していません。
今年、数ヶ月間は保有していたのですが、見切りをつけました。
個人的な予想ですが、2015年は豪ドルは苦戦する可能性が高いとみています。

理由は、米ドルが2015年内の利上げ、豪ドルは2015年内の利下げが見込まれているからです。
これまで豪ドルが米ドルに対して買われていた理由は、金利差です。
それが、2015年以降は金利差が縮小していくと予想され、オーストラリア自体は豪ドル安を歓迎しています。
もうすでにそういったファンダメンタルズがチャートに織り込まれており、このチャートを見ると
少なくともAUD/USDに関しては、1年程度でこのトレンドを転換させるのは難しいのではないかと思います。
下記月足チャートでもわかるとおり、0.80が1つの大きなポイントとなります。
ここを抜けると、0.75~0.70までいってしまう可能性が高いとみます。
(下がっている=米ドルのほうが豪ドルよりも強い)

AUDUSD.png

もちろん、円に対しては豪ドルはまだ買われています(円よりは強い)ので、2014年はAUD/JPYは上げ相場でした。
2015年も1年を通して円より弱くなる可能性は少ないにしても、他の高金利通貨よりも弱く推移すると予想します。
よって、他の高金利通貨に投資するほうがリターンがよいので私はそうするということです。

2015年も、瞬間的に(調整・暴落時)円が「最強」で、かつ来年に限っては豪ドルが「最弱」のターンが
何度かくるのではないかと思います。
仮にUSD/JPY115円でAUD/USDが0.75だった場合、AUD/JPYは86.25円です。
少なくとも90円割れは充分に想定した上で運用されるべきではないかと思います。

「私は10年、20年先を見て豪ドルに投資している!『キリッ』」という人もおられると思いますが、
「それでしたらわざわざファンダメンタルズ(金利差条件)の悪い2015年に買う必要はありませんよね?」と返します。
2015年はさらにAUD/JPYのスワップが下がることが予想されますし・・・

これまで、リスクオンの場合は高金利通貨が買われ、低金利通貨が売られていました。(いわゆるキャリー取引)
そして、リスクオフ時に低金利通貨が買い戻され、高金利通貨が売られていました。(キャリー取引の巻き戻し)

そのリスクオン時に最も買われていた通貨の1つが豪ドルだったのですが、2015年は豪ドルはあまり買われず、
他の高金利通貨が買われるのではないかと予想します。(金利差縮小でうまみが減るため)
どれが最も買われるかをずばり当てることは困難ですが、最有力と思われるのが中国元ではないかと思っています。

下記、USD/CNHの月足チャートです。
(下がっている=米ドルよりも中国元のほうが強い)

USDCNH.png

中国は最近になって利下げしました。
これは結構大きなファンダメンタルズの変化にあたります。
それ以降、USD/CNHは6.00付近を底として下値を切り上げてきています。

下値の6.00、直近高値の6.28、どちらをブレイクするかである程度の方向性が決まりますが、
6.28を上抜けることがあったとしても、円やユーロ、豪ドルよりは年間を通じて強く推移すると予想します。
利下げがあったにも関わらず、もし下値の6.00を下抜けることがあれば、これはかなり強気に
中国元へ投資比率を傾ける予定です。
米ドルよりも中国元が強いというトレンドの継続が確認されるからです。
米ドルよりも強くて円やユーロよりも弱いというのは、現在の各国の通貨政策からは考えられまませんので、
私の保有するCNH/JPY買やEUR/CNH売は大幅含み益のポジションとなります。
もし、中国元が円やユーロよりも弱いようなことが起こるとすれば、誰もが知るような形で何らかの大きな
政策変更の発表があるはずなので、それを知ってから投資戦略を変更すればよいです。

当たり前のことですが、スワップ派の人が意識すべきことは、以下です。
①どの低金利通貨を売るか?(どれが最も弱くなるか?)
②どの高金利通貨を買うか?(①よりも強くなる通貨はどれか?)

2014年下半期を通じての通貨強弱はおおよそ以下です。(通常・リスクオン・リスクオフを全て含む)
USD>CNH>TRY>GBP>NZD>ZAR>EUR>AUD>JPY

中国元もトルコリラも豪ドルも来年は利下げが予想されていますが、
ランドやニュージーランドドルは利下げ観測はでていないようです。

ランドやニュージーランドドルの動向も注目しながら、
「トレンドに乗った低金利通貨売り、高金利通貨買い=常に含み益のスワップ投資」ができるように
お互い頑張りましょう!

最後までお読みいただき、有難うございました。
役に立ったと思われた場合、下の3つをポチっと押していただくと嬉しいです。

【管理人おすすめのブログ】(追加していきます)
・トルコとイスタンブール、ちょっと投資  (トルコリラ投資家必読)
・南アフリカランド研究所 (ランド投資家必読)
・無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?(ペッグ制通貨投資家必読)
・相場師バリモアの超順張り主義♪(相場観・哲学が参考になります)


にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


スワップポイント ブログランキングへ

【中・長期の相場観】
2014年下半期:USD>CNH>TRY>GBP>NZD>ZAR>EUR>AUD>JPY

2015年以降の予測
通常時  :USD>CNH>GBP>TRY>ZAR>EUR>AUD>>JPY (円売・ユーロ売・ドル買、元買)
リスクオン:USD>CNH>TRY>ZAR>GBP>EUR>>AUD>>JPY (円売・ユーロ売・ドル買・元買)
調整初期 :JPY>EUR>>>GBP>USD>>>CNH>TRY>ZAR>AUD (円買・ユーロ買・高金利通貨売)
暴落相場 :JPY>USD>>>EUR>GBP>>>CNH>TRY>AUD>ZAR (円買・ドル買・高金利通貨売)

保有ポジション一覧
※12月23日現在

【円売りメイン口座】 セントラル短資 1日スワップ 約2,300円
TRY/JPY 買い 18万通貨 平均 46.519円
ZAR/JPY 買い 10万通貨 平均  9.597円
CNH/JPY 買い 20万通貨 平均 19.219円

USD/JPY 売り 0.5万通貨 平均 119.793円
EUR/JPY 売り 0.5万通貨 平均 146.920円

【円売りサブ口座】 外為どっとこむ 1日スワップ 約70円
CNH/JPY 買い 10万通貨 平均 18.936円

【ユーロ売りメイン口座】 SAXO BANK 1日スワップ 約1,850円
EUR/NZD 売り 1万通貨 平均1.6321
EUR/TRY 売り 2万通貨 平均2.8769
EUR/ZAR 売り 1万通貨 平均14.3272
EUR/CNH 売り 2万通貨 平均7.7168

TRY/JPY 買い 3万通貨 平均48.323円
ZAR/JPY 買い 10万通貨 平均 8.82円

【ユーロ売りサブ口座】 IG証券 1日スワップ 約800円
EUR/RUB 売り 1ロット 平均81.0625

【その他口座】 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

訪問ありがとうございました。

興味のある記事が盛りだくさんですね☆

すんばらしい☆

お勧めブログにいれて頂いて感無量です。

ありがとうございます☆

EURNZDの異業者両建ておもしろそうですね。

FXトレードファイナンスの過去のスワップの

推移が分かりません☆

No title

こじろうさん

コメントありがとうございます!

EUR/NZDですが、最近FXトレードファイナンシャルが頻繁にスワップを引き下げており、現在はLion FXのほうが売りスワップが良いです。(1万通貨で144円)

引き続き、こじろうさんと有益な情報を交換できるように
私自身頑張ります。

よろしくお願いします。

No title

こんにちはtakaさん
豪ドル・・・そうですか~~弱いかもですか?
なんかそんな感じが濃厚ですよね、逆にキューイは強いかもですね。同感です。

ワタシはスワップ派に徹しているのですが、たまにユーロを売りたくなります。
ユーロ売りトルコリラ買いで以前随分と痛い目に合いましたので、今は封印していますがそのうち触るかも知れません。
スワップ美味しいんですよね?

まずはトラウマを消してからですがw


No title

ばりもあさん

キウイは乳製品の価格程度で相場が乱高下するレベルですから、主力にはしたくないですね(笑)

豪ドルは利上げサイクルになってから買っても余裕で間に合いますので、「今じゃないでしょ!」という感じです。

ユーロはQEを結構織り込んでいるかもしれませんので、
QEを引き延ばす度に強烈に買い戻される可能性があります。

EUR/TRYのスワップはSAXO BANKが一番です。
1万通貨で1日400円近くあり、スプレッドも一番狭いです。
新規売り建てでしたら、2.95あたりまで引き付けて
低レバ放置が手堅いと思います。
ただ、EUR/TRYは上昇トレンドに回帰しているようにも
見えるので、私は順張りの下降トレンドでしか追加ポジはとらないようにしています。
プロフィール

taka

Author:taka
FC2ブログへようこそ!

最新記事
FX会社
ポジポジ口座や両建て用に!
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。