スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期トレンドに逆らうスワップ派が退場する理論的な理由

【スワップ運用歴10年に基づく運用方針(自戒)】
・お宝ポジは狙わない(過去記事あり)
・無計画にポジらない(過去記事あり)
--------------------------------------------------------------------------------

ご訪問、ありがとうございます。
また、いつも応援ありがとうございます。

【保有ポジションの変更】
<円売り口座>
変更なし

<ユーロ売り口座>
変更なし

<その他口座>
変更なし

【投資方針】
<円売り口座>
やや弱含んでいますが、本日も動意のない展開です。
中長期で円安・ドル高がまだまだ進むという予測は変わりありません。
ヘッジポジは薄め、浅め、スワップポジは完全順張りで追加ポジションを増やしていく方針です。

本日も評価残高は前日比で少し下がりました。

<ユーロ売り口座>
こちらも動意がありません。
毎日書いていますが、この口座はユーロのQE発動まで「粘る」の一手です。
実際にQEが発動となれば、ユーロ絡みの通貨ペアは別のステージに移行するとみます。

<その他スワップ用口座>
こじろうさんのブログ記事を参考に、年明けから開始したいと思います。

【1日12,000円のスワップを得るための追加ポジションターゲット】(12月23日)
※下記のターゲットに到達する頃は一万通貨スワップの額が増えていることを想定して計算。
 (過去記事あり)


<円売り口座> 目標1日5,000円 (あと2,600円)
TRY/JPY買:残り 5万通貨 (52.5円 1万通貨 /54円 1万通貨/56.5円 1万通貨/59円 1万通貨/64円 1万通貨)
ZAR/JPY買: 残り 30万通貨 (10.85円 10万通貨 / 11.3円 10万通貨/ 13.15円 10万通貨)
CNH/JPY買: 残り40万通貨 (19.5円 10万通貨/ 19.85円 10万通貨/ 20.0円 20万通貨)

<ユーロ売り口座> 目標1日4,000円 (あと1,350円)
EUR/TRY売: 残り 1万通貨 (2.73 1万通貨)
EUR/ZAR売: 残り 1万通貨 (13.5 1万通貨)
EUR/CNH売: 残り 4万通貨 (7.53 1万通貨 / 7.2 1万通貨/ 6.99 1万通貨/ 6.75 1万通貨)

<その他口座> 目標1日3,000円 (あと3,000円)
異業者両建てやペッグ通貨等、為替変動リスクの極めて低い投資で達成させる予定。
最も安全ですが、最も時間も資金も必要となります。

※ただし、長期上昇相場中の大きめの調整、小暴落と判断した場合は
絶好の追加ポジ取得タイミングなので柔軟に対応します。


【記事】
為替の長期トレンドは基本、各国のファンダメンタルズによって決定されます。
長期トレンドの「長期」とはどの程度の期間を指すのか、といわれますと答えるのに困りますが、
私の場合は最低5年、だいたい10年という感じでとらえています。(各説ありますが、省きます)

短くても5年間の間、相場の大きな方向に逆らった投資をして生き残れるわけはありません。
ですが、意外にも、相場の方向に逆らう投資(逆張り)を好む方のほとんどは、現在のトレンドをしっかり認識しています。
ではなぜあえてトレンドに逆らう逆張りをするのかというと、歴史的天井、天底狙い
をしている場合がほとんどです。

ほとんどのスワップ派の方の目的は、経済的自由が得られるレベルの1日の目標スワップ額を安定して得ることにより、
「本来、自分がやりたいことを実践する」ことではないでしょうか?(収入の足しにするという方もいると思いますが)

上記目的を果たすことを最優先で考えた場合、歴史的天井や天底を取る必要は全くありません。

何度か記事に書いていますが、AUD/JPY56円ロングのお宝ポジションも、
AUD/JPY102円ロングのク○ポジも現在の1万通貨あたりのスワップは全く同じなのです。


そのお宝ポジを取得するために、どこが長期相場の天井か天底かわからないにも関わらず、
天井、天底と思う度にポジションを取得し、よくて損切り、最悪の場合は塩漬け、ナンピンを繰り返します。


それでは、本当の天井、天底をとれる確率はどの程度のものでしょうか?

平均5年でトレンド転換すると仮定した場合、約1,300日の相場稼働日があります。
本当の天井、天底はその1,300日中のたった1日です。
逆張りの場合、その運命の1日より前に取得したポジションは全て含み損の状態です。(天井・天底時点では)
長期トレンドの天井・天底をつかむのに、5分足レベルの底と思われる場所でのポジ取得、損切りを繰り返す人は
なかなかいないと思いますが、そんなことをしていたら、大変なことになります。
1日で5分足は288本ですから、1,300日だと374,400本のうちの1本を当てるために血眼になっていることになります。

そして、「天井・天底をとれた」ということは、もしそれ以前に同じ通貨ペアを保有している場合、
それらは必ず含み損、もしくは確定損ということにもなります。(その時点では必ずそうなります)

改めて聞きますが、天井・天底狙いで逆張りを続けている人が1,300日の中の運命の1日を射止めるまでに、
どれだけの損切り、ナンピンを続けるでしょうか?
かすり傷レベルで済む人はいないでしょう。
そして、本当の天井・天底が来た時には資金余力が残っていないはずです。
そして、その命がけで取得したお宝ポジはどれだけの価値があるのかと言えば、
1日スワップ額は全く同じなので、追加の価値は全くありません。
含み益はすごいことになるかもしれませんが、資金余力が少なくなっている状態での保有なので
これまでの含み益や確定損を完全カバーするまでには至らないか、相当な期間を要するでしょう。
また、困ったことに、長期トレンドの天井・天底は、結局は1年後くらいになってから
「あれが天井・天底だった」とわかるものなので、天井・天底をつかんでいたとしても、
それが天井・天底と認識する前に手離しているケースが多く、これまでの損失すら埋めきれない場合が多いです。


全員が上記のようになるとは言いませんが、天井・天底狙いの逆張り好きの人は、
本当にかなりの確率で上記のパターンになります。これは理屈上、そうなるのです。

逆張りが有効な数少ないパターンは、昨日の記事に書いたような、1国の金融政策の大胆な変更や、
ファンダメンタルズの変化の後、きちんと損切り注文を入れた上でポジションをとる場合です。
この場合、天井・天底をとるまでにほとんどダメージは受けていないため、
損失対利益に充分に見合うトレード結果となるでしょう。(今回のEUR/RUBのような場合)
また、週足・月足レベルで何度も安値を切り上げている場合などに、損切り付きで保有する場合も
損失対利益に見合うと思われます。

それでは、トレンドにどこまでも乗っていくという順張りスタイルの方はどうなるのでしょうか?

先ほどと全く同じ例で考えた場合、長期トレンド転換する1,300日のうちの運命の1日以前に取得したポジションは
全て含み益となります。

繰り返しますが、長期トレンドが転換する運命の1日以前に取得したポジションは、理論上、
必ず全て含み益の状態です。

その運命の1日以前は全て含み益になるのですから、どこでポジってもほぼ含み益となるわけです。
それなら、長期トレンドの継続が確認できるポイント(前回高値の上抜け等)でポジればいいんじゃない?
というのが私の投資スタイルです。

もちろん、上記したように、天井や天底は1年後くらいにわかるものですし、天井・天底ではないにしろ、
それに近いレベルの2番底・天井をつけにくるような動きの時に被害が大きくならないよう、
ヘッジポジを取得したり、万が一のために損切りしたりしています。

そして、一番重要なのは言うまでもなく、現在の各通貨の長期トレンドを見極めることです。
一番簡単なのは、直近の高値(安値)を抜いてきているかどうかでしょう。
もちろん、「だまし」もありますが、本当の意味で「だまし」なのは理論上、1回か0回になります。

私自身、上記の考えに到達するまで、10年の時間と結構な勉強代を相場に支払ってきました。
まずは自分自身が有言実行し、スワップ投資の成功例となれるようにしたいと思います。

最後までお読みいただき、有難うございました。
役に立ったと思われた場合、下の3つをポチっと押していただくと嬉しいです。

【管理人おすすめのブログ】(追加していきます)
・トルコとイスタンブール、ちょっと投資  (トルコリラ投資家必読)
・南アフリカランド研究所 (ランド投資家必読)
・無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?(ペッグ制通貨投資家必読)
・相場師バリモアの超順張り主義♪(相場観・哲学が参考になります)


にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


スワップポイント ブログランキングへ

【中・長期の相場観】
通常時  :CNH>USD>>GBP>TRY>ZAR>EUR>AUD>>JPY (円売・ユーロ売・ドル買、元買)
リスクオン:USD>CNH>TRY>ZAR>GBP>EUR>>AUD>>JPY (円売・ユーロ売・ドル買・元買)
調整初期 :JPY>EUR>>>GBP>USD>>>CNH>TRY>ZAR>AUD (円買・ユーロ買・高金利通貨売)
暴落相場 :JPY>USD>>>EUR>GBP>>>CNH>TRY>AUD>ZAR (円買・ドル買・高金利通貨売)

保有ポジション一覧
※12月23日現在

【円売りメイン口座】 セントラル短資 1日スワップ 約2,300円
TRY/JPY 買い 18万通貨 平均 46.519円
ZAR/JPY 買い 10万通貨 平均  9.597円
CNH/JPY 買い 20万通貨 平均 19.219円

USD/JPY 売り 0.5万通貨 平均 119.793円
EUR/JPY 売り 0.5万通貨 平均 146.920円

【円売りサブ口座】 外為どっとこむ 1日スワップ 約70円
CNH/JPY 買い 10万通貨 平均 18.936円

【ユーロ売りメイン口座】 SAXO BANK 1日スワップ 約1,850円
EUR/NZD 売り 1万通貨 平均1.6321
EUR/TRY 売り 2万通貨 平均2.8769
EUR/ZAR 売り 1万通貨 平均14.3272
EUR/CNH 売り 2万通貨 平均7.7168

TRY/JPY 買い 3万通貨 平均48.323円
ZAR/JPY 買い 10万通貨 平均 8.82円

【ユーロ売りサブ口座】 IG証券 1日スワップ 約800円
EUR/RUB 売り 1ロット 平均81.0625

【その他口座】 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人殿の意見に賛成です。
それゆえM2Jの提供するトラリピは使えないと思っている訳ですが。

No title

くるりさん

コメント有難うございます。

単純な指値トラリピはリスクが大きいですよね。
逆指値トラリピはありだと思っています。

含み益の状態で追加ポジをとるのは気持ちがよいです♪
プロフィール

taka

Author:taka
FC2ブログへようこそ!

最新記事
FX会社
ポジポジ口座や両建て用に!
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。