スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドルではなく、あえてトルコリラに投資する理由

【スワップ運用歴10年に基づく運用方針(自戒)】
・お宝ポジは狙わない(過去記事あり)
・無計画にポジらない(過去記事あり)
--------------------------------------------------------------------------------

ご訪問、ありがとうございます。
また、いつも応援ありがとうございます。

【保有ポジションの変更】
<円売り口座>
なし

<ユーロ売り口座>
なし

<その他口座>
なし

【投資方針】
<円売り口座>
USD/JPYは高値をさらに更新しました。
どこまでいくかわかりませんが、追加のヘッジポジは120円超えでストップを置いています。
とにかく、日足陰線になるまでは糸の切れた蛸がどこまでいくか傍観するようにします。

セントラル短資のTRY/JPYのスワップは1万通貨あたり85円、SAXO BANKのほうは78円となっています。
原因はわかっていませんが、他社も同程度のスワップなので、しばらく様子をみるしかないと思います。

評価残高は引き続き最高圏です。

<ユーロ売り口座>
こちらも特に方針の変更はありません。
引き続き、QE発動とEUR/CHF1.20割れまでひたすら粘る方針です。
評価残高は回復し、高値圏となりました。

<その他スワップ用口座>
フォレックスクラウンでAUD/USDを両建てしています。

【1日合計8,000円のスワップを得るための追加ポジションターゲット】
TRY/JPY買: 残り 1万通貨 (56円 1万通貨)
ZAR/JPY買: 残り 20万通貨 (11.3円 10万通貨 / 13.5円 10万通貨)
EUR/TRY売: 残り 2.5万通貨 (2.73 0.5万通貨/ 2.60 1万通貨 / 2.45 1万通貨)
EUR/ZAR売: 残り 2万通貨 (12.5 1万通貨 / 11.4 1万通貨)

【記事】
ポジポジトレードのほうの結果ですが、原油は$69.2売を$67.4で利食い、USD/RUBは平均51.8買を
53.0で一部利食い、まだ一部をホールドしています。(現在54.0)
一昨日の負け分はきっちり取り返しました。
USD/RUBは建値以上にストップを置きましたので、どこまで上げるか楽しみにしたいと思います。


さて、本日の記事は、「豪ドルではなく、あえてトルコリラに投資する理由」です。

理由を説明していく前に、大前提として「FXは何であれ、リスクの高い投資である」という考えがあります。
よって、私はFXに回しているお金は失っても仕方がない覚悟で運用しています。
トルコリラやランドに投資している方で、「この口座のお金は絶対に失うわけにはいかない。なくなければ破産する!」
という人はいないでしょう。

そのリスクの高い投資の中において、豪ドルのほうがトルコリラよりもリスクは低いでしょう。
こんなことはいちいち説明するまでもなく、誰でもわかっていることです。


投資(ギャンブルも)の基本中の基本ですが、何に投資をするかの判断は、
「何が一番リスクが低いか」ではなく、「何が最も投資効率が良いか」です。

あえてトルコリラに投資する理由の答えは、
「投資効率(リスクに対するリターンの大きさ)が良いから」です。


私がTRY/JPYの買ポジションを持ち始めたのは、今年の2月、3月です。
トルコ中銀が通貨安防衛のために大胆なサプライズ利上げをおこなった後です。
その決定を境に相場が反転し始めました。
その際に、その決定前の最安値にストップを置いてTRY/JPYの買を入れた場合、
AUD/JPYの買でストップなしで放置するよりも、はるかにリスクは限定され、
リターンは大きかったでしょう。

それからゆるやかに上昇し、現在の右肩上がりの上昇につながりました。

また、為替相場には地合というものがあります。
リスクオン相場の場合、信用力の高い通貨(金利の低い通貨)が売られ、信用力の低い通貨(高金利通貨)が買われる場合が多いのです。
世界で一番金利の低い(=信用のある)円が売られまくった円キャリー取引全盛期がありましたよね??

リスクオン相場が本格化することを予想するのであれば、「○○のほうが○○よりも信用力が高いから買い」という理屈はセンスがないと言えるでしょう。

現に、下のAUD/TRYのチャートを見れば一目瞭然ですね。
○で囲ったサプライズ利上げ以降、AUDよりもTRYのほうが強い(AUD/TRY下げ)ではないですか??
豪ドルよりもトルコリラのほうが強い地合でスワップが多いのですから、そちらに投資するのが理に適っています。

AUDTRY2.png

当然、トルコリラが豪ドルよりも弱くなるようなファンダメンタルズの変化や相場の地合の変化があれば、
切り替えればいいのです。
(確かに地形学リスクはありますが、常態化しているため、逆にシリア問題が解決すれば、上げ要因となると予想します)
リターンを最大化するために、多少の通貨の強弱調査と投資判断は当然のことですよね。

私は以前から申し上げているとおり、多少の調整や軽い○○ショックはあるにせよ、
数年はリスクオン相場は続くと見ていますから、今後もTRYやZARといったより高いリターンが得られる
高金利通貨に自信を持って投資していきます!!
(もちろん、リスクヘッジには気をつけます)

「今日の記事、ちょっと共感したよ・・」と思われた方は、下の3つをポチっとしていただけると嬉しいです。
最後までお読みいただき、有難うございました。


にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


スワップポイント ブログランキングへ

【中・長期の相場観】
平常時  =円売り、ユーロ売り、ドル買い、高金利通貨買い(弱め)、豪ドル買い(弱め)
リスクオン=円売り、ユーロ中立?、ドル売り?、高金利通貨買い(弱め)、豪ドル買い(弱め)
リスクオフ=円買い、ユーロ買い、ドル売り(強め)、高金利通貨売り(強め)、豪ドル売り(強め)

保有ポジション一覧

【円売りメイン口座】 セントラル短資 1日スワップ 約2,200円
TRY/JPY 買い 21万通貨 平均 47.198円
ZAR/JPY 買い 30万通貨 平均  10.081円
EUR/JPY 売り 3.5万通貨 平均 138.213円
USD/JPY 売り 3.5万通貨  平均 107.48円


【ユーロ売りメイン口座】 SAXO BANK 1日スワップ 約1,800円
EUR/NZD 売り 1万通貨 平均1.6321
EUR/TRY 売り 3万通貨 平均2.8426
EUR/ZAR 売り 2万通貨 平均14.0494

TRY/JPY 買い 5万通貨 平均49.708円
ZAR/JPY 買い 10万通貨 平均 8.82円
EUR/JPY 売り 2万通貨 平均139.456円

【その他口座】 フォレックスクラウン 1日スワップ350円 
AUD/USD 両建て 10万通貨
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taka

Author:taka
FC2ブログへようこそ!

最新記事
FX会社
ポジポジ口座や両建て用に!
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。