スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の投資戦略

【スワップ運用歴10年に基づく運用方針(自戒)】
・お宝ポジは狙わない(過去記事あり)
・無計画にポジらない(過去記事あり)
--------------------------------------------------------------------------------

ご訪問、ありがとうございます。
また、いつも応援ありがとうございます。

【保有ポジションの変更】
<円売り口座>
なし

<ユーロ売り口座>
損切 EUR/JPY買  0.5万通貨 146.807円→147.432円(昨日ストップにかかっていたのを見落としていました)

<その他口座>
なし

【投資方針】
<円売り口座>
評価残高は過去最高圏です。
来週、USD/JPYが119円を抜けるかどうか注目です。
現在、月末ということもあってかTRYやZARのスワップ額がセントラル短資、SAXO BANKともに減っています。
月初以降に回復するかどうかも注視したいと思います。

<ユーロ売り口座>
評価残高は最高値からは1割程度低い状態ですが、引き続き高値圏です。

AUD安がどこまで続くか見極めが必要です。
場合によってはEUR/AUDは一部損切りするかもしれません。
現在の地合だと、EUR/AUDを1万通貨損切りし、堅調なEUR/TRYを0.5万通貨追加するほうがスワップ額は増え、
レバレッジは下がり、評価残高は安定します。

週明け、12月1日に発表されるスイスの国民投票待ちです。
現在ところ可能性は低いようですが、一番希望はEUR/CHFのレート下限の引き下げです。
これによりEUR売りとなりますので、ユーロ売り口座にとって大きなプラスになります。

「QEの発動とEUR/CHF 1.20割れまでひたすら粘る」というのが基本方針です。

<その他スワップ用口座>
月曜日からフォレックスクラウンのAUD/USDのスワップ逆転キャンペーンに投資するようにします。
(これも1ヶ月でスワップ逆転はなくなるとみています)

【1日合計8,000円のスワップを得るための追加ポジションターゲット】
TRY/JPY買: 残り 1万通貨 (56円 1万通貨)
ZAR/JPY買: 残り 20万通貨 (11.3円 10万通貨 / 13.5円 10万通貨)
EUR/TRY売: 残り 2万通貨 (2.60 1万通貨 / 2.45 1万通貨)
EUR/ZAR売: 残り 2万通貨 (12.5 1万通貨 / 11.4 1万通貨)

【記事】
ブログを開始して1ヶ月が経過しました。
最初の1ヶ月間はとにかく毎日更新し、中身も濃い内容を心がけました。
おかげさまでブログのランキングも急上昇しました。
ありがとうございます。

記事にするネタもだいぶ尽きてきましたので、今後は日々のトレード結果や値動きについての見解などが
中心となってくると思います。
引き続き、何か1つでも皆さんの参考になるような内容にしていきたいと思いますので、
よろしくお願いします。

さて、本日の内容は12月の投資戦略についてです。
毎日口座別の投資方針を書いていますが、今回は来月の投資戦略の大きな方向性について書きたいと思います。

11月の反省点は、円売り口座において損切りが多くなりすぎたことです。
黒田砲という特殊要因があったにも関わらず、通常ルールと同じ日足陰線でヘッジポジをとり、
さらに裁量で大量の追加ポジをとって、見事全てが損切りとなりました(泣)
先ほど計算したところ、合計で9万円以上の損切りとなっており、スワップ額以上の損失となりました。
(口座評価残高自体は10月と比べて50万円以上増えているので、強気でいったというのがありますが)

12月は比較的毎年上昇相場になりやすく、また選挙までは上昇しやすい傾向があることから、
引き続き、USD/JPYは上昇、高金利通貨(AUDは原油次第でしょうか)も買われやすいのではないかと予想します。
EURに関しましても、引き続き弱含みすると予想します。
いつ追加緩和やQEが発動されてもおかしくない状態という認識に変化はありません。(大幅なユーロ安要因)
また、EUR/CHFの下限レート1.20は、国民投票の結果がどうであれ、いずれ死守できなくなるだろうという予想も
変わりません。(ユーロ安要因)

よって、円売り口座に関しては、日足陰線でヘッジポジ保有した際の取得数量を減らし、2日連続の陰線となったところで
本玉の売りを入れるようにします。
また、追撃のヘッジ売りポジを入れる場合は、「4時間足以上の長いローソク足で戻ったところに売りを入れ、ストップは浅め」を心がけたいと思います。
これにより、ヘッジポジのエントリー回数は減らしながら、本格的な下落にも対応できるのではないかと思います。

ユーロ売り口座のヘッジポジに関しては、EUR/USDやEUR/CZK、EUR/SEKといった買ポジでもマイナス金利が
低めの通貨ペアを検討していましたが、EUR/USD以外はスプレッドが広くて実用性が低そうなので
ヘッジポジをとるならEUD/USD一本に絞るようにします。
スワップ用ポジションに関しては、前述しましたが、状況によってはEUR/AUDとEUR/NZDの代わりに
EUR/TRYを余分に保有するか、もしくはEUR/CHN(中国元)の取得を検討しています。

CHN(中国元)は、最近利下げしたことと、スワップが安定していないことが欠点としてありますが、
高金利通貨の中では唯一(と言っていいくらい)USDよりも強くなる可能性があり、EUR売りの相手としては
最も安定感がある変動をしています。
現在、1万通貨あたりのスワップが50円~90円で平均70円とEUR/AUDとそこまで変わりません。
EUR/AUDとEUR/NZDがこのまま上昇するなら取得を検討します。

中長期の相場予想は、引き続き、円売り、ユーロ売り、高金利通貨買い(弱め)なので、
大きな変更ではありませんが、多少は相場の雰囲気に合わせて裁量を入れていくようにします。

最後までお読みいただき、有難うございます。
役に立った記事にはポチっとしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


スワップポイント ブログランキングへ

【中・長期の相場観】
平常時  =円売り、ユーロ売り、ドル買い、高金利通貨買い(弱め)、豪ドル買い(弱め)
リスクオン=円売り、ユーロ中立?、ドル売り?、高金利通貨買い(弱め)、豪ドル買い(弱め)
リスクオフ=円買い、ユーロ買い、ドル売り(強め)、高金利通貨売り(強め)、豪ドル売り(強め)

保有ポジション一覧

【円売りメイン口座】 セントラル短資 1日スワップ 約2,500円
TRY/JPY 買い 21万通貨 平均 47.198円
ZAR/JPY 買い 30万通貨 平均  10.081円
EUR/JPY 売り 3.5万通貨 平均 138.213円
USD/JPY 売り 4万通貨  平均 108.853円


【ユーロ売りメイン口座】 SAXO BANK 1日スワップ 約2,550円
EUR/AUD 売り 2万通貨 平均1.4507
EUR/NZD 売り 1万通貨 平均1.6321
EUR/TRY 売り 3万通貨 平均2.8426
EUR/ZAR 売り 2万通貨 平均14.0494

TRY/JPY 買い 5万通貨 平均49.708円
ZAR/JPY 買い 10万通貨 平均 8.82円
EUR/JPY 売り 2万通貨 平均139.456円

【その他口座】 
なし
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taka

Author:taka
FC2ブログへようこそ!

最新記事
FX会社
ポジポジ口座や両建て用に!
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。