スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルレアルについての見解

【スワップ運用歴10年に基づく運用方針(自戒)】
・お宝ポジは狙わない(過去記事あり)
・無計画にポジらない(過去記事あり)
--------------------------------------------------------------------------------

ご訪問、ありがとうございます。
また、いつも応援ありがとうございます。

【保有ポジションの変更】
ZAR/JPY 買 10.50円 10万通貨

【投資方針】
<円売り口座>
3日連続で評価残高は上昇しました。
TRY/JPY、ZAR/JPYが直近高値をつき抜けました。
特に、昨日はZARが強かったです。
リスクオン相場が来ていると判断しています。
問題はどこまで続くかということです。
しっかり見極めていきたいですね。

円売り口座の追加ポジのターゲットであったZAR/JPY 逆指値買 10.50円 10万通貨が
アスク値でぎりぎり約定していました。

<ユーロ売り口座>
ユーロ売り口座も3日連続で評価残高が上昇しました。
QE発動やスイス中央銀行のEUR/CHF下限1.20の引き下げが来るまで粘れば勝ちだと思っています。

EUR/CHFのレートが下限1.20にさらに近づいてきました。
週明け、何らかの動きがでそうです。

ユーロ売り口座も追加ポジターゲットが近づいてきました。
EUR/TRY 逆指値売 2.775 1万通貨、EUR/ZAR 逆指値売 13.78 0.5万通貨です。

<その他スワップ用口座>
予想外の速さで円売り、ユーロ売り口座の追加ポジターゲットに近づいてきました。
一旦この口座でポジションを追加するのは控える予定です。

次の追加ポジのターゲットは、以下で逆指値(買・売)を入れています。
TRY/JPY: 57円で2万通貨(1万×2口座)
ZAR/JPY: 11.3円で10万通貨
EUR/TRY: 2.775で1万通貨
EUR/ZAR: 13.78で0.5万通貨

【記事】
あくまで素人の見解ですが、ブラジルレアルについての見解を書きたいと思います。

私はブラジルレアルの運用に興味があり、いつか投資したいと考えています。
ですが、これまで色々なマイナー通貨をいじってきた経験からいいますと、現在レアルを買うのは
かなり危険かなと思います。

<理由>
①ファンダメンタルズ的に、米ドルよりもブラジルレアルが強くなる理由が見当たらない。
⇒少なくとも政権交代や中銀総裁の交代等のファンダメンタルズが転換するイベントがないと
  米ドルよりも強くなる理由がない。(一時的に売られすぎた反動で買い戻されるというのはあると思いますが)
 (現在、FX会社でレアルを取り扱っているのはIG証券だけで、それもUSD/BRLだけのため、このように記載しています)

 私も今回の選挙後、政権交代とはならなかったのですが、最悪期は脱した可能性に賭けてレアル買いしました。
 しかし、あっさりと選挙前の高値を抜けていったのですぐに撤退しました。
 
 合成通貨で「ユーロ売り、レアル買い」や「円売り、レアル買い」を作ることも考えましたが、
 それでも苦戦するかなと思いました。

②現在、ブラジルレアルは下落トレンドの真っ最中ですが、トレンド転換が確認されてからでも充分に間に合うから。
⇒トレンド転換となれば、月足で連続の陰線になりますので、最低、月足の陰線までは待ったほうがよいと思う。

③スワップ目的の長期保有を目指しているなら、天井をとる必要はないから。
⇒過去記事でも書いていますが、天井ポジションのスワップと、トレンド転換が濃厚になってからの
 下落途中ポジションとロットあたりのスワップ額は同じです。(両国の政策金利が同じであれば)


 天井を狙うというのは、「”含み益が多くなる”というスワップ長期運用にとって実はそれほど重要ではない
 メリット(?)の代わりにナンピンを繰り返すことによる膨大な損失の可能性を抱える」という行為になります。

 特に、低レバで運用する人にとって、「含み益が多い」というのはあまり意味がないのではないでしょうか?

 私の経験上、だいたいは「天井をとるまでに損切りを繰り返して大きな損を重ね、命がけでやっととれた
 天井売りポジションも、その損をやっと取り返せたあたり(1,000pips程度)でなぜか決済してしまう」ものなのです。
 まだ1年も経っていませんが、EUR/TRYの3.20台の本腰の入った売りポジションをいまだに持ち続けている人は
 非常に稀でしょう。(私も3.15売を5万通貨持っていたのですが・・)

 1,000pipsや1,500pips程度で「機会損失」と後悔する必要はないです。
 むしろ、現在を天井と思ってナンピンを繰り返し、ファンダメンタルズが転換する時のバイイングクライマックス時に
 資金余力がなくなり、せっかく誰よりも先にレアルの可能性を見出してきたにも関わらず、本当の絶好の売り時に
 売り増しできないというほうがよほど「機会損失」ではありませんか?

 得てしてそういう場合にレアル初心者がサクっと天井をとっていったりします(苦)

 例えば、今年1月までTRYは強烈な下落トレンドでしたが、通貨防衛のための利上げをおこない、
 これが転換期となって底は打ったように思えます。
 実は私のTRY/JPYのポジションの中で一番腰の入っているポジションは、45円台前半の8万通貨です。
 TRYが暴落している時に余計なポジションをもたず、ナンピンもしていなかったので
 ズドーンと買いを入れることができました。(私の資金量にしたらですが・・恥)

<結論>
上記から、私は政権交代等の大イベントが起こるまで様子見です。
これだけのレアル下落トレンド(USD/BRL上昇トレンド)ですから、比較的大まかにでもトレンド転換を察知できれば、
大波に乗れる可能性が高いです。
その絶好の機会を見逃さないようにしたいと思っています。

注)「この記事に影響を受けてレアル買いを止めたらUSD/BRLが下がって損をしたじゃないか!」という
  苦情はなしでお願いします。投資は自己責任です。
  私よりも某FXアナリストのほうがよほどはずしています(笑)

最後までお読みいただき、有難うございます。
役に立った記事にはポチっとしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


スワップポイント ブログランキングへ

【中・長期の相場観】
平常時  =円売り、ユーロ売り、ドル買い、高金利通貨買い(弱め)、豪ドル買い(弱め)
リスクオン=円売り、ユーロ中立?、ドル売り?、高金利通貨買い(弱め)、豪ドル買い(弱め)
リスクオフ=円買い、ユーロ買い、ドル売り(強め)、高金利通貨売り(強め)、豪ドル売り(強め)

保有ポジション

【円売りメイン口座】 セントラル短資 1日スワップ 約2,400円
TRY/JPY 買い 20万通貨 平均 46.92円
ZAR/JPY 買い 30万通貨 平均  10.081円
EUR/JPY 売り 3.5万通貨 平均 138.213円
USD/JPY 売り 3万通貨  平均 105.671円


【ユーロ売りメイン口座】 SAXO BANK 1日スワップ 約2,000円
EUR/AUD 売り 2万通貨 平均1.4507
EUR/NZD 売り 1万通貨 平均1.6321
EUR/TRY 売り 2万通貨 平均2.8769
EUR/ZAR 売り 1.5万通貨 平均14.154

TRY/JPY 買い 4万通貨 平均49.01円
ZAR/JPY 買い 10万通貨 平均 8.82円
EUR/JPY 売り 2万通貨 平均139.51円

【その他口座】 フォレックスクラウン 1日スワップ 約450円
AUD/JPY 売り 98.89円 10万通貨
AUD/JPY 買い 98.94円 10万通貨
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taka

Author:taka
FC2ブログへようこそ!

最新記事
FX会社
ポジポジ口座や両建て用に!
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。