スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロの巻き戻しを甘くみないほうがよいです

【スワップ運用歴10年に基づく運用方針(自戒)】
・お宝ポジは狙わない(過去記事あり)
・無計画にポジらない(過去記事あり)
--------------------------------------------------------------------------------

ご訪問、ありがとうございます。
また、いつも応援ありがとうございます。

保有ポジション一覧

1日合計 約4,510円のスワップ (3月17日現在)

【円売り口座】 目標 1日 5,000円
(セントラル短資) 現在 1日スワップ 約1,690円

TRY/JPY 買い 11万通貨 平均 45.809円
ZAR/JPY 買い 10万通貨 平均  9.597円
CNH/JPY 買い 30万通貨 平均 19.045円


評価残高(前営業日比)  +2万円
評価残高推移(今年) -31万円


<今回のポジション変更> 
なし

【ユーロ売り口座】 目標 1日 4,000円 
(SAXO BANK) 現在 1日スワップ 約1,950円

EUR/NZD 売り 2万通貨 平均1.55357
EUR/TRY 売り 2.5万通貨 平均2.8674
EUR/ZAR 売り 2万通貨 平均13.9
EUR/CNH 売り 4万通貨 平均7.4092
ZAR/JPY 買い 10万通貨 平均 8.82円

評価残高(前営業日比) -2.5万円
評価残高推移(今年) +115.5万円


<今回のポジション変更>
なし

【ドル買い口座】 目標 1日 2,000円 
(GMOクリック365) 現在 1日スワップ 約700円

USD/CHF 買い 9万通貨 平均 0.9034
USD/JPY 買い 4万通貨 平均 119.198円
EUR/USD 売り 1万通貨 平均 1.1441 
ZAR/JPY 買い 30万通貨 平均 10.166円

(住信SBI くりっく365) 現在 1日スワップ 約170円
USD/CHF 買い 6万通貨 平均 0.9204
EUR/USD 売り 1万通貨 平均 1.1098
USD/JPY 買い 1万通貨 平均 121.955円

評価残高(前営業日比)  +5万円
評価残高推移(今年) +176万円


<今回のポジション変更>
なし

【その他口座】 目標 1日 1,000円
なし

<今回のポジション変更>
なし

<逆指値トラリピ口座>
※通常のトラリピとは違い、仕掛けに対して不利な方向への急落(急騰)時のポジション取得を回避します。
  有利な方向への急騰(急落)の場合は、逆指値の買(売)注文と決済が発動し、 きちんと利益がとれます。

  
新規決済本数    : 15本
現在含み損益(約):-$110
評価残高(前営業日比):+$25
開始以来評価残高:+$2,838
 (評価残高 $2,860/ボーナス$22 /入金分はすでに出金済み)

※USD/JPY買い、AUD/USD売り、EUR/USD売り、USD/CHF買い1,000通貨を
  仕掛け10pips幅、利確20pips幅で運用中。米ドル建て口座です。

【投資方針】
<円売り口座>
中長期でまだまだ円安になるという予想のもと投資しています。
USD/JPY以外のクロス円は、短期的には方向性のない動き(レンジ)が継続する可能性が高そうです。

USD/JPYは122円達成後、反落していますが、
いずれ124円を目指す形となるとみています。

<ユーロ売り口座>
長期的には、EUR/USDはパリティを目指すとみていますので、
ユーロ売りトレンド継続を確認しながらユーロペアの追加売りを仕掛けていきます。
巻き戻しのリスクに注意しながら、動きに追従していくだけです。
巻き戻しの流れになった場合、理由などなくても1,000pips程度は戻してしまうのが
このユーロドルの怖さです。

<ドル買い口座>
中長期において米ドル買いが最も手堅いとみています。

EUR/USDは突っこみ売りを避けたいレベルのレートで、なおかつ
ユーロ売りがたまりすぎているので、戻り売りの方針に転換します。

1年以内に豪ドルと米ドルの1万通貨あたりのスワップ額は逆転する可能性もあると思っています。
(米ドルのほうが対円でのレートが20%ほど高いので、金利は豪ドルよりも低くてもスワップ額は多くなる)

<その他口座>
しばらくノーポジ予定です。

<逆指値トラリピ口座>
USD/JPY買いとAUD/USD売り、EUR/USD売り、USD/CHF買いを1,000通貨で
仕掛け10pips幅、利確幅20pips、ガード設定10pipsで運用中です。

絶好調です。
引き続き、上記4つの仕掛けで運用します。

※管理人お勧めブログ「海外FX・トラリピで年収分稼ごう!」から提供された逆指値トラリピEAを使ってます


【本日の記事】

風邪が少しマシになりました・・・・

本日はユーロについてです。
ECBがQE導入を発表してから、ひたすらユーロが下げ続けています。
EUR/USDは1.16から1.04まで1,200pipsの下落。
その間、戻りらしい戻りもなく下げ続けています。

このペースでいくと今月中にもパリティ到達か?と強気になりたくなるところですが、
まずは月足チャートを見てください。

EUR USD 0316 2015

確かに下落トレンドの真っ最中ですが、2008年から2010年にかけてのチャートと、
2010年から2011年半ばにかけてのチャートの部分をみてください。

今のように「EUR/USDパリティ割れは時間の問題」というのは2008年の1.23、2010年の1.18時にも
言われていました。
「ユーロは紙くず」「ユーロ崩壊」とまでも言われていましたよ(^^;)
また、有名アナリスト達も今のようにパリティ割れ予想をしていましたね・・・

では、2008年の1.23、2010年の1.18の後、どうなったのでしょうか?
その後の月足をご覧いただくとわかるとおり、2008年は翌月に月足で2,000pipsの戻し、
2010年は翌月に月足で900pipsの戻しです。

何が言いたいかといいますと、QEの導入といういわば市場の予想どおりの政策を実施し、
ギリシャというもう何年もくすぶっている材料程度で
「盲目的にユーロを買う材料がないと過信しすぎるのは危険な考え」ですよということです。
「材料がなくても理由をつけて材料にする」のがお仕事の人達が立派に仕事をしてくれます(笑)

2008年も2010年もEUR/USDショーター達は香ばしく焼き尽くされました。
100pips反発する度に「さすがに○○までは上がらないだろう」「買われる理由がない」
「ロンガーは養分!プギャー!」「EUR/USD全力Sで蔵が建つ!」「○○までは耐えられる」
「入金投資法」「トリシエ(総裁)、早く来てくれっ~!!(クリリンAA)」
最後は呪いの言葉を浴びせて消えていきました。

今と2008年、2010年は状況(特に米国の)が違うとはいえ、雰囲気は全く同じです。
私はそれをみてきていますので、今からEUR/USDが1,000pips戻しても「まあ、あるかな」という程度です。
どんな有名なアナリスト達の予想や分析も「ふ~ん」という感じで、東スポレベルの信頼度でみています。
だから、これまで人のせいにしたことがありません。

もちろん、1,000pips戻す可能性は私も低いとは思います。
ですが、過去に何度も起こっている「1,000pips戻し程度」はやはり可能性として想定しておく
必要はあると思うのです。
私自身、ユーロ売り口座がかなり好調な状況なので、自分に言い聞かせるという意味でも
辛口に書きました。

最後までお読みいただき、有難うございました。
役に立ったと思われた場合、下の2つをポチっと押していただくと嬉しいです。

【管理人おすすめサイト】
・世界の株価と個人投資家ニュース(とりあえず、つけっぱなしでOK)
・2ch「市況2」新ドル円スレ(情報は「最速」、質は「最低」の時も・・笑)

【管理人おすすめのブログ】(追加していきます)
・トルコとイスタンブール、ちょっと投資  (トルコリラ投資家必読)
・南アフリカランド研究所(ランド投資家必読)
・無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?(ペッグ制通貨投資家必読)
・相場師バリモアの超順張り主義♪(相場観・哲学が参考になります)
・海外FX・トラリピで年収分稼ごう!(順張りトラリピに興味のある方必見!)
・すいきの億万長者への道(トレーダーとしての心得が満載)
・三橋貴明ブログ「新世紀のビッグブラザーへ」(数値によるファンダメンタルズ分析は最高精度)

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


スワップポイント ブログランキングへ

【中・長期の相場観】
2014年下半期:USD>CNH>TRY>GBP>NZD>ZAR>EUR>AUD>JPY (実績)

2015年以降の予測 (2月28日修正)
通常時  :USD>>GBP>>CNH=AUD=ZAR=TRY=JPY>EUR (円売・ユーロ売・ドル買、ポンド買)
リスクオン:USD>>GBP>>CNH>TRY>ZAR>AUD>EUR>JPY (円売・ユーロ売・ドル買・元買)
調整初期 :JPY>EUR>>>GBP>USD>>>CNH>AUD>ZAR>TRY (円買・ユーロ買・高金利通貨売)
暴落相場 :JPY>USD>>>EUR>GBP>>>CNH>TRY>AUD>ZAR (円買・ドル買・高金利通貨売)

【1日12,000円のスワップを得るための追加ポジターゲット】(3月17日)

※各国が利上げサイクルに入る頃にはスワップ額が増えていることを想定して計算。
 (過去記事あり)


<円売り口座> 目標1日5,000円 (あと3,310円)
TRY/JPY買 : 残り 3万通貨 (52.5円 1万通貨/ 54.0円 1万通貨/ 56.7円 1万通貨)
CNH/JPY買: 残り 30万通貨 (19.82円 15万通貨/ 20.0円 15万通貨)
ZAR/JPY買: 残り 20万通貨(10.84円 10万通貨/ 11.3円 10万通貨)
AUD/JPY買: 残り 6万通貨 (80円台で仕込み予定)
NZD/JPY買: 残り 5万通貨 (70台で仕込み予定)

<ユーロ売り口座> 目標1日4,000円 (あと2,050円)
EUR/CNH 売: 残り 1万通貨 (6.50 1万通貨)
EUR/ZAR 売: 残り 1万通貨 (12.58 1万通貨)
EUR/TRY 売: 残り  0.5万通貨 (2.60 0.5万通貨)
EUR/AUD 売: 残り  1万通貨 (1.370 1万通貨)

<米ドル買い口座> 目標1日2,000円 (あと1,130円)
EUR/USD 売: 残り 3万通貨 (パリティまでの戻り売りの好機で売り増します)

<その他口座> 目標1日1,000円 (あと1,000円)
異業者両建てを中心に資金に余裕がある時に取得

※ただし、長期上昇相場中の大きめの調整、小暴落と判断した場合は
絶好の追加ポジ取得タイミングなので柔軟に対応します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

気持ちはわかりますが1000pipsはないかなぁ。
せいぜい500pipsぐらいかと思います。
理由はユーロドルにショートが貯まってるのは単純に為替利益目的で売っている人ばかりじゃないからです。
1000pips想定して小さな取引をするより、500pipsぐらいの想定でいた方が気持ちよくトレード出来ると思いますよ。
どちらにしてもストップロス入れるので損失は限定出来ますしね。

No title

FOMCの様子を見てからストップを入れつつユロドルショートが手堅いんでしょうね。

でもゴールドマン・サックス様はイケイケ売れ売れのようですね…
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0M91ID20150313
でも16年末までに0.85ドルはさすがに行かんと思うのです(^_^;)

No title

>ねむゴンさん
>FOMCの様子を見てからストップを入れつつユロドルショートが手堅いんでしょうね。

ほんとその通りだと思います。
ユーロドルのターゲットはまだまだ先ですし、売るタイミング100pipsぐらいずれたからといってたいした問題じゃないと考えてます。

ぽぽさん、

私のブログは基本、スワップ派の方に向けて書いています。
長期投資のスワップ派で1000pips程度の逆行で大怪我していては話になりません。

デイトレからスイングトレードの人が1000pipsの逆行を想定してトレードする、というのであれば、ぽぽさんのいうとおり、効率が悪いと思いますね。

いずれにせよ、先のことは誰にもわからないという前提で考えた場合、
投資においての思い込みは、百害あって一理なしと思っています。

No title

ねむごんさん

GSはそうきましたか~(笑)

FOMC後に入るのがやはり安全ですよね。
個人的に一番嬉しいパターンは、辛抱強くが取り除かれておらず、一時的にドル安進行となるパターンです。
それでも充分に売りたくなるチャートになってからストップを入れて軽めに売る感じです。

ユロドルは、昔はゾンビと呼ばれていた通貨ですので、そんな誰でも簡単に勝てるようなイメージがないのですが・・・(苦)
プロフィール

taka

Author:taka
FC2ブログへようこそ!

最新記事
FX会社
ポジポジ口座や両建て用に!
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。